今までにランプを稼働、閉鎖したり、欠航、代替着陸するのを目の当たりにして、それを不思議に思ったことがありますか?

天候に驚かされることをやめましょう

HyperCastデモ取得 APIキー取得

毎年、航空業界は天候関連による遅延や代替着陸、
欠航などで多額な損害を被っています。

ClimaCellの分単位、空港レベルの予報により、航空会社ならびに空港オペレーションチームが必要な情報を手に入れることができます。雷、降水量タイプと激しさ、可視性、雲量、風速、極端な気温等といった情報により、天候状態に応じた対策を立て、乗務員と乗客を危険から守り、そして顧客満足度の向上に役立てます。

オペレーションの最適化

前もって悪天候に備えるという事には、適切なスタッフレベル、除氷要員、ゲート計画、乗務員の時間切れ、ベンダーの割り当て、TARMACルールを含みます。

高速な風を検知するアラートを設定

安全性の向上

どのタイミングでランプを閉鎖し、地上設備や航空機の保全確保をするのかを理解し、翼の上と下での作業員そして乗客の安全を確実に確保しましょう。

時間とともに関心のある天候状況が変化するのを確認

ツールをひとつに

全ての気象予報情報を世界中の拠点を通じて一つにすることで、本部や支局、パイロットとの同調を向上し、空港と協力した意思決定が容易になります。

支局毎の気象情報をチェック

フライト遅延の減少

荒れ模様の天候となる正確なタイミングを知ることで、航空機をプッシュバックし、不要な警戒を避け、オンタイムの実績と顧客満足を向上できます。

雷が空港に近づいているのを認識

フライト計画を向上

重大な天候事象を1-3時間前に把握し、もっとも安全なルート、ならびに代替着陸用の空港を選択し、空中でパイロットが最善の意思決定をできるよう支援。そして、目的地空港の気象状態を事前把握することを可能とする。

ルート計画を向上

このツールは、日々空港リーダーたちが直面している決断しなければいけない
プレッシャーをよく理解してデザインされています。

— イアン・デーソン氏、SVPカスタマーエクスペリエンス、JetBlue