ドローンのミッションを計画するとき、天候は予測不能な要素ですか?

天候に驚かされることを
やめましょう

HyperCastデモ取得 APIキー取得

毎年飛行機会を失い、資産を損傷する結果となるのは、財政的にも顧客満足度においても顕著に影響します。

従来の気象予報をする企業は、ほとんどの場合、衛星や気象レーダーに頼っている為、飛行に関連のある400フィート以下の気象状況を見逃しています。ClimaCellの地上レベル、分単位、非常に正確な予報、ドローンの操縦士は雨、雪、雷、風速、究極極端な気温などにも対応し、オペレーションと安全性を向上できます。

安全を確保

雲クラウドベースの正確な高度情報で、規制に沿った距離を保つのは大切です。資産を保護し、天候が起因の事故による損失を最小限に抑えましょう。

関心のある天候状況を確認:可視性、雲量など

ルート計画を改善

飛行計画に沿った、非常に正確な予報を活用することで、最も安全なミッションルートを計画し、飛行時間を最大化できます。

あなたのロケーションへ、雨が移動してくるか追跡します

オペレーションの
効率化を向上

最適な飛行タイミングを知り、不必要な警戒を減少させ、より多くのミッションを完結して、収益を増やすことができます。

UASidekickの目標は、飛行中の操縦士の安全を確保すること。ClimaCellのMicro Weatherソリューションのような、次世代ツールを提供することはUAS産業を前進させるために欠かせないことです。このレベルくらいにで詳細な天候を理解することは、オペレーターが生産性を最大限にすると同時に、地上の設備や作業員への責任やリスクを最小限にするといった、戦略的なフライト計画を立てることができる、新し将来性です。

ナタン・ラフ氏、 UASidekick CEO