ケーススタディ

USTA – 全米オープンテニスのエース MicroWeather

2018年の全米オープンテニスの舞台裏では、USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(❝NTC❞)がアスリートや観客に、実用的で、行動を導き、分単位の気象予報と気づきを提供できるよう、最適な気象条件を提供することに専念していました。

42°21'02.1" N 71°03'27.6" W

チャレンジ

一般的な屋外スポーツ競技は天候を管理することが欠かせませんが、NTCはもともと天候が不安定なロケーションであるのに加え、2018年は天候変化の激しいシーズンであった為、特に管理がむずかい年でした。

全米オープンのトーナメントは、オペレーションとエンジニアチームが、安全阻害要因を除く為であったり、試合の不要な中断や遅延、中止を避けるため、降水量や極端な暑さの予報に応じて、重要な意思決定をしていました。

2018年の全米オープンは厳しい天候に見舞われました

トーナメント中、ニューヨーク市のUSTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センターは、様々な難しい天候課題に直面しました。過去30年間で最高温度を記録したことや、尋常ではない熱波、断続的に続くにわか雨、止み終わらない雨などに見舞われました。このような状況は、アスリートや観客、スタッフに健康や安全性のリスクを引き起こし、トーナメント中に幾度となく天井を閉める必要がありました。

トーナメントの決勝戦があった土曜日は、セリーナ・ウィリアムズと大坂なおみの最終戦前にルーフが閉じられていました。ClimaCellはNTCエグゼクティブとルーフ・エンジニアリング・チームににわか雨が近づいている事と、それに起因するリスクといったインサイトを提供しました。イベントはルーフを閉じることを決定し、閉じたままにしていました。これにより、女子決勝戦が天候による混乱が引き起こされないよう、確実な対応をしました。にわか雨はその夜、止む事なく、日曜日の決勝戦には断続的な雨に発展していました。男子決勝において、乾いたコートで安全にプレイができることを確実なものとする為、開催者さえもルーフを閉じたままにしておくことに同意しました。

ソリューション

NTCは、他の方法では捕らえにくい気象データを活用するために、MicroWeatherの予測機能を導入しました。トーナメントはClimaCellの分単位の気象予報を、オペレーションの意思決定に利用しました。

  • 史上初、男性の極端な暑さへの対策の導入
  • トーナメント・ルールと、アスリートの状態の最適化を図った屋外の状態で、最大限にプレイできることを確実にすると同時に、コートで雨を防ぐために、雨が予想される時間に応じて、アーサー・アッシュスタジアムの開閉式屋根を準備すること。

これによりアスリート、観客、そしてスタッフに安全な環境を提供し、トーナメントスケジュールに不要な遅延、中止、中断を少なくすることができました。

他の導入例もご参照ください

jetBlueはHyperCastを導入して、他の人には分からない気象予報が把握できています
もっと詳しく ›
もし雷が土地に落ちる可能性がある場合、皆を避難場所へ誘導するためにも、その危険性を事前に把握する必要があります。ClimaCellのツールはいつそのような状況が発生するのかと、過ぎ去るのかを教えてくれます。
もっと詳しく ›
ClimaCellの予報は、正確で、リアルタイムの実用的な気づきを提供してくれます。ClimaCellのプロダクトに大変感心し、私たちのオペレーション意思決定や、顧客に質の高いサービスを提供するのに役立っています。
もっと詳しく ›