Case Study

ライド・シェアリング(相乗り)の典型を変える

Viaはライド・シェアリングのパイオニアで、サービスを最適化するために詳細な気象予報を取り入れ、リアルタイムの気象変化に合わせたオペレーションの決定を報告します。正確性と道路レベルに焦点をあてたデータを提供するClimaCellを、パートナーとして選びました。
42°21'02.1" N 71°03'27.6" W

チャレンジ

Viaは、固定ルートと時間表による規制されたシステムから、完全にダイナミックで、オンデマンドのネットワークに公共交通機関を再設計します。Viaのモバイルアプリは同じ方向に向かう複数の乗客と繋がり、乗車客がシームレスに車両を共有することを可能とします。2013年9月に初めてニューヨークでローンチし、Viaプラットフォームは現在米国と欧州で、Mercedes-Benz VansとViaVanのジョイントベンチャーによって運営されています。Viaのテクノロジーは、最先端のオンデマンドのモビリティーイノベーションを提供するため、公共交通機関インフラにシームレスに導入され、公共交通機関と民間交通機関とのパートナープロジェクトを通じて世界中に展開されています。詳細は、ridewithvia.comでご確認ください。

Viaのチームは、ライド・シェアリングにおいて天候が大きく影響することを認識しているため、一流の顧客体験を提供するために気象状況をモニターすることは重要であると考えます。Viaの優れたライド・マッチングのアルゴリズムは、渋滞や遅延を避けるため、リアルタイムで車両をダイナミックに誘導します。このような状況は、荒れ模様の天候に深く起因し、分単位の正確な気象状況を把握することは、非常に重要です。

ソリューション

Viaはサービスを最適化し、リアルタイムの気象変化に基づいたオペレーションの決定のために、ClimaCellのHyperCastと、詳細にローカライズされた気象予報を頼りとします。
ClimaCellの予報は、正確で、リアルタイムの実用的な気づきを提供してくれます。ClimaCellのプロダクトに大変感心し、私たちのオペレーション意思決定や、顧客に質の高いサービスを提供するのに役立っています。

アリ・ラックス氏、Operations、Via

他の導入例もご参照ください

jetBlueはHyperCastを導入して、他の人には分からない気象予報が把握できています
もっと詳しく ›
NTCが、とらえどころのないデータといえる気象データの利用において、MicroWeather予報で可能なことを紹介してくれました。
もっと詳しく ›
もし雷が土地に落ちる可能性がある場合、皆を避難場所へ誘導するためにも、その危険性を事前に把握する必要があります。ClimaCellのツールはいつそのような状況が発生するのかと、過ぎ去るのかを教えてくれます。
もっと詳しく ›